人生を楽しむ世代のメディア&コミュニティー

実際に行ってよかった!安くて便利な「東京の銭湯5選」

現在、東京都内の銭湯は減少の一途をたどっています。

参考 東京の公衆浴場はどうなっているの?東京くらしWEB

少なくなった東京の銭湯ですが、便利な立地でユニークな銭湯も多いので、ご紹介していきます。

金春湯(中央区) 


銀座8丁目にある銭湯。あまり広くはないものの、明るく、超音波ジャグジーもあります。
知る人ぞ知るEテレの「美輪乃湯」のロケが行われたのもこの銭湯です。
中央区の銭湯は「コミュニティふれあい銭湯」と銘打って、毎月第2・第4金曜日は中央区在住・在勤の方は100円で入れます。
それでも金曜日は予定のある人が多いのか、時間にもよりますが、あまり混んでいないことも多いようです。

湊湯(中央区)

 

八丁堀近くのジャズが流れる広い銭湯。最終入場24時と夜遅くまでやっていてありがたい銭湯。
ジャグジーや電気風呂、シルク風呂があります。
サウナ(別途料金が必要)やマッサージ機もあります。コインランドリーも併設されているので銭湯に入りながら洗濯もできて便利な銭湯。

黒湯の温泉 ゆ~シティー蒲田(大田区)

 
蒲田駅から徒歩5分位の銭湯+黒湯温泉。
黒湯は露天風呂になっていて、疲労回復と美肌効果があるそうです。
サウナ、水風呂、ジャグジー、電気風呂、バイブラ風呂などいろいろ楽しめます。併設のホールから歌声が聞こえてきたりします。
懐かしいコーヒー牛乳なども販売されています。コインランドリーも併設されています。

南青山 清水湯(港区)

 
表参道駅A4出口から徒歩2分という絶好の立地に今時銭湯があるというのは驚きの銭湯。
WEBサイト、ブログ、@LINEなども活用してしっかり集客しているので今時な銭湯というイメージです。
高濃度炭酸泉、シルク風呂など健康と美容に良さそうですね。内装もおしゃれ!!

燕湯(台東区)

御徒町駅から徒歩5分位の銭湯。
朝6時から開いているので、出勤や午前中の用事の前に入ることもできて便利です。
建物は登録有形文化財!


いかがでしたか? 今日から近くの銭湯に行って、ぜひ安くてリラックスできる銭湯ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。
現在は入浴料は460円ですが、10月以降470円になるようです。
10円の値上がりですがそれでもとても安い!
ぜひもっと多くの方が銭湯ライフを楽しんで、銭湯の経営が安定し、銭湯の減少に歯止めがかかるといいですね!
これから暑くなりますし、ちょっと汗をかいてしまった時やランの後などぜひ立ち寄ってみてください。