人生を楽しむ世代のメディア&コミュニティー

大人が楽しむ!横浜・八景島シーパラダイス

大人でも楽しめる水族館の一つが、「横浜・八景島シーパラダイス」に久々にいってきました。
シーパラには、遊園地もあるのですが、今回は、水族館にいってきました!

横浜・八景島シーパラダイス

横浜市のほぼ南端、八景島にある横浜・八景島シーパラダイス。
横浜といっても、場所は金沢八景駅からシーサイドラインに乗って行くので、いわゆるみなとみらいをさす横浜ではありませんが、東京ディズニーランド的な感じですね。

家族連れやカップルが休日を楽しむのにぴったりのスポットなのはもとより、最近は大人も楽しめるビールフェスがあったりと、大人も楽しめる場所になっていてびっくりです。

水族館、アトラクション、レストラン、ショップなど一日中楽しめる施設があります。

アクアリゾーツ4つの水族館

アクアミュージアム

700種類、12万点の生きものたちが生活している、日本最大級の水族館。
ちなみに、最大級ってどれくらい?と思って調べたところ、大阪の「海遊館」が世界最大らしいです。

「アクアミュージアム」にある、「アクアスタジアム」では、おなじみの海の動物たちのショーが楽しめます。
水槽では、イワシイリュージョン、コツメカワウソのグリーティングタイムなどが楽しめます。

この時期オススメなのが、ナイトショー「ライティア」。

美しすぎて、圧倒されますね。次回は絶対みたいです。

ドルフィンファンタジー

自然の海に近い状態を再現した「イルカ水槽」。トンネルを潜る形式でイルカを見ることができます。
まさに、「海底散歩」ですね!

ふれあいラグーン

イルカや魚に直接触れることができる、八景島シーパラダイスならではの場所!
シーパラの一番奥にあるのですが、ここは絶対に外せません。

私が楽しみにしているのは、白イルカのスプラッシュタイム。
白いイルカって見るだけで幸せになれそうですよね。

オタリアやケープペンギンたちのふれあいパフォーマンスなどのイベントも、随時開催されるので、歩いているだけでずっと楽しめます。
コツメカワウソのフォト&タッチ、イルカのごはんなどの体験プログラムも、やってみたいです。

水族館で会える海のいきもの

私が撮影した写真を紹介します。

日によっては花火などのエンターテインメントもあるので、事前にスケジュールを確認しておくと、より楽しく過ごそうです。

チケット情報・アクセス

チケット

・ワンデーパス:大人・高校生5,050円、小・中学生3,600円、幼児(4歳以上)2,050円、シニア(65歳以上)3,600円
・楽園ナイトパス:大人・高校生3,000円、小・中学生2,200円、幼児(4歳以上)1,600円、シニア(65歳以上)2,200円 他、Web前売もあり、

アクセス

横浜駅からJR根岸線で新杉田駅(約18分)、新杉田駅からシーサイドラインで八景島駅(約18分)、徒歩約5分

横浜・八景島シーパラダイス