昭和の大スター石原裕次郎さんのお墓参りに

石原裕次郎さんが大好きな私の母。
80歳を過ぎた母がぜひ行ってみたいと言うので、昭和の大スター石原裕次郎さんのお墓のある總持寺に行ってきました!

目次

石原裕次郎さんのお墓の場所

私自身は「太陽にほえろ!」や「西部警察」の頃しか知りませんが、母と同世代の70~80代の女性には青春時代の一番思い入れのあるスターで、献花に行ったり、小樽にあった石原裕次郎記念館(2017年8月閉館)を訪ねたりした方も多いようです。

全く予備知識がなかったのでネットで調べてみると、總持寺というお寺にあることがわかりました。

總持寺にて

總持寺は、JRの鶴見駅から歩ける距離なので、母と2人で行ってみました。まずはとにかく境内の墓地に行くことにしました。

地図や矢印を頼りにお墓の場所に着くと、まだ新しいお花が供えられていました。
お墓の脇には夫人による「美しきものに微笑みを 淋しき者に優しさを 逞しき者に更に力を 全ての友に思い出を 愛する者に永遠を 心の夢醒める事無く」という墓碑があります。

その後總持寺の境内に入ると、思っていたより広く、建物も多く、「さすが総本山!」。

https://www.instagram.com/p/Bs7EjddlFU6/

曹洞宗は鎌倉仏教の一つで道元が宋での修行を経て広めたものです。
仏殿(大雄宝殿)をはじめ16件が国の登録文化財に指定されています。

掲示物を見ると、座禅(英語版も!)や写経のイベントもあって、情報発信も活発に行われています。
香積台(総受付)には大黒尊天がお祀りされていて、「一さすりで福を招き 二さすりで徳を授かり、三さすりで満足を戴く」そうです。
ぜひさすってみてください!

総持寺はパワースポットとしても有名で、「おそうじ小僧」「味噌摺り地蔵」もあります。
https://www.instagram.com/p/BxPFUL8AdEt/
https://www.instagram.com/p/BxPFocugiSm/

香積台の中に入ると、お土産にお守りを買ったり御朱印をいただいたり、おみくじを引いたりすることもできます。

https://www.instagram.com/p/BsZR0d_F78t/

大型連休中で人出はあまり多くなく、境内の自然や静かな雰囲気を堪能できたし、母も喜んでくれたので、行けて良かったなと思いました。
令和の時代になって昭和もどんどん遠くなっていきます。70~80代の方とのんびり散策するのにおススメのスポットです。

アクセス

JR京浜東北線鶴見駅西口から徒歩約7分
京浜急行線京急鶴見駅より徒歩約10分

總持寺

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる