偽のZoomが出現!!注意事項をまとめました

4月24日 18:00更新

独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)、IPA情報セキュリティ安心相談窓口が、「Zoom」の非正規版が流通しているとして注意を注意喚起しています。

偽Zoomと対処法、本物のZoomについてまとめました。

目次

Zoom偽物サイト

誤って偽のZoomソフトウェアをインストールすると、「サポート料金を請求された」という方がいるそうです。

IPA情報セキュリティ安心相談窓口公式Twitterにて、正規のものではないZoomをインストールしてしまったために誘導された先の画面を紹介してくれてます。

警告はマイクロソフトから出ているものではなく、絶対に電話もしてはいけません。

偽Zoom入れた人の画面

こちらは、偽Zoomを試してみた方やインストールしてしまった方の情報です。ロゴやアイコンが明らかに違いますね。

https://twitter.com/1983Get/status/1253600981964566529
https://twitter.com/bkw_go_go/status/1253616720276623360
https://twitter.com/TachiryoubbQ/status/1253617780739338240
https://twitter.com/AB6IXJO1IZONE/status/1253611492680667137

本物のロゴ

Zoomの本物のロゴはこちらです。

Zoom偽物サイトを入れてしまう理由

検索エンジンの「Bing」で検索すると、偽物サイトが検索結果の上位に出てくるそうです。(4月24日12:30頃の情報)
「Bing」を利用されている方は注意が必要です。

Googleでは上位には偽Zoomサイトは出ては来ないようです。

Zoom偽物サイトをインストールした場合

正規のものではないZoomをインストールしてしまった場合は

  1. パソコンを再起動した後
  2. 通常の操作でアンインストールを実施

Zoom公式サイトについて

Zoom公式サイトの画面はこちらです。
ブラウザの上部のURLの部分をきちんと確認することが大事です。

https://zoom.us/
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

これらが正しいURLです。

念の為、公式サイトのリンクを掲載いたします。




オンライン会議するならこれ!「Zoom」使い方バックナンバー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる