会社員を辞めようと考える【40代からの起業_vol1】

2021年4月2日。30日後に起業・独立する40代シンママとして、今日から発信をすることを決意。
同年代、同じシングルマザーの人たちに、参考になるような記事にしていきます。
ぜひ、ご覧ください!

目次

きっかけは子供

2020年。周りの変化があったり、自分自身が忙しい1年でした。
そんな中、娘たちと話をしっかりする時間が増え、将来をどうするかという話をよくしていました。
親である私以外の大人の話を聞くのも考えを深めることにつながるのではと思い、自分の知人と話す機会をつくりました。

私よりも10以上も若い知人。会社員をしながら仕事のかたわら資格をとる勉強をし、見事資格取得したということで、子どもにその話を聞かせてもらいました。
また、資格を取る上で、お金の勉強がいかに大事かを考えたということで、この本を紹介されました。

「金持ち父さん、貧乏父さん」

昔流行ったよな〜、子供のためになるだろうと思い買いました。
ちゃんと読んだことなかったので、改めて私も読みました。

読んだあと、「何も考えずに会社員をやってちゃダメだよ。お金の勉強をして、資産を運用して、賢くやっていってほしい」と子どもに言いました。

が、あれ?私はだけど会社員のままでいいのか?
サラリーマンはラットレース!?
子どもに言ったことが、自分にそのまま考えるきっかけとなりました。
この状態をこのままずっと続けてていいのだろうかと…。

お金の流れに無頓着

会社員、サラリーマンをやっていると、毎月お給料が振り込まれ、年末に、年末調整の紙に生命保険控除を記入したりするだけ。明細はもらっても、よく見ることもなく、税金がどれだけかかっているかも、実際に計算したこともありませんでした。

結局お金のこと実は、全然わかってなかった。
もらったお金から税金を差し引かれて、残ったもので暮らす。
会社員としての20年近く、当たり前だと思っていたが、違うやり方があることに、今更ながら気づきました。

会社員を辞めよう

会社員としてのメリットは、書けばきりがないです。

ただ、40代に入り、あと何年会社員でいることができるのだろうかと漠然とした不安だけを常に抱えていました。
不安なのに、考えることもせずに、会社員をおそるおそる続けてきました。

残りの人生まだ長い。だからこそ、この考えるきっかけがある今こそ、行動を起こさないと。

こうして会社員を辞めよう、と、この時ぼんやりと自分の心に決めました。

次回

「会社員を辞めたらどうなる?不安を考えてみた」

あわせて読みたい
会社員を辞めたらどうなる?不安を考えてみた【40代からの起業_vol2】 30日後に起業・独立する40代シンママ vol2。 今回は、「会社員を辞めるとどうなる?どんな不安があるか」についてです。 【会社員を辞めるという不安】 会社員を辞めよ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる